式場を探すためのポイント

結婚式場結婚式場の選択をスムーズに進めるためには、情報収集するなどして、式場に関する希望や条件を会場へ実際に行く前に具体的に二人で相談しておくことが最も重要です。まずはキリスト教式、人前式、神前式など、どの挙式スタイルで行いたいのか、着席スタイルで披露宴を行うのか、2次会のようなカジュアルな立食スタイルや、ごく親しい人だけを集めた簡単なお食事会形式など、どんなパーティーにするのか方向性を定めましょう。それから、会場によって収容人数が違いますので、ゲストを何人招待するのか、だいたいの数で計画すること、仕事のスケジュールや気候、予算的な都合など、ふたりにとって無理のない日程を事前に話し合っておくことも大切です。また、どのエリアが良いか場所も決めておきましょう。場所や時期に関しては、特にふたりの意見だけで話を進めることなく、ご両親の意見もなるべく聞いておいた方がなお良いでしょう。あとは、予算ややりたい演出もお互いの認識を擦り合わせたうえで、会場選びをするとよりスムーズに進むでしょう。何も話し合いしないをせずに、なんとなく会場へ見学に行ってしまうと、ただただ迷うだけでなかなか決定できない場合が多いので、何を重視して、どんなポイントを重視しながら会場を検討していくのか、事前に2人でしっかりと話し合っておくといいでしょう。

このページの先頭へ

式場の情報収集をしよう

結婚式場会場の情報は、結婚情報誌やインターネットから集めることができますので、まずは、2人で話し合った重視するポイントや条件をもとに、イメージや予算など基準に合っていそうな会場をあまり絞り込み過ぎずにリストアップしていきましょう。リストアップした中から3〜5件、見に行きたい会場を選択するといいでしょう。それ以上の会場を見学してしまうと、迷いが生じて決めにくくなってしまう場合が多いので、注意が必要です。ここまでの作業には楽しみな部分も多いのですが、たいていの場合は多くの時間と労力がかかりますので、時間が2人や情報収集が苦手な2人には、会場紹介デスクを利用するという手もあります。2人の希望に合わせた会場を紹介してくれますし、気になる会場のパンフレットも全てもらえたり、見学やブライダルフェアの予約も代行してくれるので、とても効率的です。会社によってそれぞれ特徴がありますので、お二人と相性の合ったところを選びましょう。それから、パンフレットを見て悩んでいる間にも、会場の予約はどんどん埋まっていきますので、資料請求などはせずに、最新の情報などはインターネットで情報収集して活用した方が、時間も短縮できてとても効率的です。

このページの先頭へ